『即興小説ゲーム』公式ブログ

リレー形式で綴られる、2分30秒のライティングノベルイベント『即興小説ゲーム』の公式ブログです。みんなでやりましょう。

『即興小説ゲーム~三月の乱~』ログ

2018/3/25(日) 14時開演森ノ宮キューズモール内「まちライブラリー」にて

 

☆一回戦第一試合 2分半交代☆

 先攻・井上大輔 VS 後攻・森本直樹
お題『リスペクト』
ジャンル『ファンタジー』
どんな話『くだらない』

 

【先攻・井上大輔

俺は中学二年の田代!そう、みんなからはタリーと呼ばれている。


なぜタリーかって?
そう、俺はヘビとしゃべることができたり、親がすごい魔法使いだったり魔法学校にいっていたからだ!
つまり、タリー、タリーポッターだ。

 

最近、なんかすごいやつを倒した。魔法を使って。名前は出せないけど、名前を出せないやつを倒したんだ。

そして、これから、また新しい世界にいくことになった、それは今までにない完全な、だけどくだらない、ファンタジーの世界。

そう、その名は……、

 

【後攻・森本直樹】

 そう、その名前は。

 なんだったかやはり思い出せなかった。
 その世界はある手順を踏む、かつ特定の条件を満たしたものだけがたどり着ける。
 まずは俺の通う学校の裏山の大きな杉の木に登り夕陽が地に沈む瞬間を眺めること。
 そして、エジソンへの敬意を抱えること。

 

【先攻・井上大輔

そうしてエジソンへの敬意をこめて40年いきてきた。タリーポッターと呼ばれたのはもう、何十年も昔、もう誰も呼んでくれない。
だが、ようやくその成果が実った。
世界が開いたのだ。


そう、俺は事故にあった。
車にバーンとひかれた。白血病にもなった。そして、死んだ。

 

死んだとおもった。
だが。

 

「タリー、タリー」
少女の声で目覚める。そう、ここは異世界だった。俺は、異世界、でエジソンへの
敬意を胸に、生きていくことになったのだ。

 

【後攻・森本直樹】

 エジソンと言えば竹で作った電球だったハズ。
 はず、はず? たぶん、そうだ。彼は天才で多くの発明をした。では、何を?
 記憶が混濁している。
 エジソンへの敬意は溢れているのに、エジソンが何をなしたかが全く思い出せない。
 どんどん記憶がこんがらがっていく。

「タリー、どうかしましたか?」

 目の前に心配そうな女性が。ああ、なんだか、

 

「タリー、誰だい、その人は。僕はエジソンエジソンだ」

 

これからはエジソンとして


生きていく。 

 

 

先攻5票・後攻0票

先攻・井上大輔の勝利。

 

 

☆一回戦第ニ試合 2分半交代☆
 先攻・マナカ vs 後攻・室屋和美
お題『アイドル』
ジャンル『学園』
どんな話『笑える』

 

【先攻・マナカ】

いっけなーい遅刻遅刻

わたし、得毛美あつこ!

今日から私立四十八学園にやってきた転校生
!!

私は必ずここで、天下一アイドルになる!!

 

 

天下一アイドル

 

 

それは、全国の高校生女子が覇を競う、アイドルバトルロワイヤル

 

 

いまアイドルはかつての輝かしいだけのものではない。
アイドルとは、今では戦士を現す言葉なのだ。

 

そう、世はまさにアイドル戦国時代

 

【後攻・室屋和美】

?「諸君、よく集まってくれた」

全 あ、夏元やすし校長せんせい!

今から君たちにせんたー(生徒会長)の座を競って争ってもらう

はい!

手段は問わない。CDをうってうってうりまくって、握手券をうりまってくれ。
これが君たちの投票用紙となる。

せんたー(生徒会長)に選ばれたあかつきには、とびっきりの寵愛を与えてあげよう。

な、なつもとせんせいの寵愛!!

 

【先攻・マナカ】

なつもと先生の寵愛ってなんだろうって考えることを、私はあまりしなかった。


なんか、ちょっといやな感じがした。


寵愛は割とどうでもよくて


私にとってアイドルとは生き様そのものだからだ


だって、私は かわいい

 

そりゃもう、かわいい


1000年に一人どころじゃない

 

およそ1500年に一人ぐらいだと思う

 

だから、私がアイドルにならないなんて、世界に申し訳ないじゃん!!

 

【後攻・室屋和美】

天下一アイドルの幕があけた

会場は大勢の観客で賑わっている
頭にはちまき、手にペンライト。

舞台袖では女たちの血で血を洗う戦いが行われた
その争いがすごくて、みんな舞台袖で脱落していった

いろいろあったけど、この争いのくだりは割愛する

なにも考えていなかった私が、
楽屋でドーナツ食べていた私が
1500に一度の美女の私が
気がついたら勝ち残ってしまった

 

なつもと先生がゆっくりと渡しに歩み寄る

「おめでとう、今から寵愛の時間だ」

そして私がCDデビューした
夏元せんせいとのデュエットは
500万枚売れた

 

 

先攻4票・後攻1票
先攻・マナカの勝利。

 

☆一回戦第三試合 2分半交代☆

先攻・なべとびすこ VS 後攻・中山美咲
お題『エレベーター』
ジャンル『SF』
どんな話『泣ける』

 

【先攻・なべとびすこ】

その機種のエレベーターには隠しコマンドが仕込まれているという噂を聞いた。
1階から5階にあがり、そのあと降りずに3階にいき、つぎに8階に行く。

それをノンストップで達成するとコマンドが発動し、そのエレベーターで天国を観に行くことができるらしい。

天国に行くだけでは、ただ死ぬだけだが、このエレベーターなら降りてくることもできるという。

 

【後攻・中山美咲】

私は、馬鹿げた話だと思いつつ、そのコマンドを試すことにした。1年前にいなくなってしまった妻に会うために。

 

エレベーターが私をのせて上下する。身体に感じる重力が軽くなったり重くなったり。

ぐぐぐっと一度負荷がかかったとおもうと、エレベーターが停止した。

ウィン

鉄の扉が開いた。

 

【先攻・なべとびすこ】
8階に行く前に、扉がひらいてしまった。
黒い帽子をかぶった男が入って来て、7階を押した。
もちろんコマンドは失敗だ。男は降りていく。

僕はまた1階に戻って、再挑戦する。
また、あとは8階にあがるだけのところまで来た。

誰も乗ってこないでくれ…。
そう思ったのに、また黒い帽子をかぶった男が乗って来た。そして7階で
降りる。
何度やっても、黒い帽子の男が乗ってきてしまう。

 

【後攻・中山美咲】

7度目に男が乗って来たときに、私はたまらなくなって声をかけてしまった。
「お前、誰だよ。わざとやってるんだろ。」
「…」
男は答えない。
「なんなんだよ、人の邪魔して楽しいのか。」
「…。」
「答えろよ。」

「大事な人が天国に行こうとしてるんだから、とめるのは当たり前でしょ、あなた。」

その声には聞き覚えがあった。
黒い帽子を取った人物は、てっきり男だと思っていたが、見慣れた妻の姿をしてい
た。

 

 

先攻3票・後攻2票
先攻・なべとびすこの勝利。

 

☆ニ回戦第一試合 1分半交代☆
先攻・井上大輔 VS 後攻・ナカナオ
お題『桜』
ジャンル『恋愛』
どんな話『切ない』

 

【先攻・井上大輔
俺は走っていた。
ずっとずっと走っていた。

 

陸上部を卒業して(結果は悪くないけど良くもなかった)、なんとなく泣けて、それでなぐさめてくれた幼馴染と仲良くなって、なんて普通のことがあって。

それでも俺は走っていた。
あいつが東京にいくらしい。あいつの友達に聞いた。なぜ俺にいわなかったのか、
なぜ今日なのか、そんな思いを込めて、
桜の降る夜の街を走っていた。

 

【後攻・ナカナオ】

私は歩いていた。

夜の空にひらひらと舞う桜の花びらを見ながら。

あなたのことを思いながら。

東京の街はきれいで汚い。
あなたがいたら、もう少しこの景色もみえかたが変わるのかな。

 

俺は走る
私は歩く

 

【先攻・井上大輔
なんで走ってるのかなんてわからない、走って新幹線に乗る?乗ってどうする?東
京にいく?行ってどうする!


なんで歩いているだろう。何もなかったような顔をして。自分の気持ち押し殺して。なのに東京のあの公園のあの木の下の場所を書いた紙だけ友人に託して。

 

一体何をしたいんだろう。

 

【後攻・ナカナオ】

わたしはあの日、新幹線に乗ったあなたを責めることはできない。

2018年4月4日。
東北新幹線の事故が起こった。

約束の公園につく。
掘り出した彼のメッセージにはこう書かれていた。

春に行くよ。

 

 

先攻3票・後攻2票
先攻・井上大輔の勝利。

 

☆ニ回戦第ニ試合 1分半交代☆

先攻・マナカ VS 後攻・なべとびすこ
お題『声』
ジャンル『学園』
どんな話『気持ち悪い』

 

【先攻・マナカ】
わたしは泉の声、いいと思うよ

昼休みに親友の天龍みなこがサンドイッチを頬張りながら私を慰めるように言う

 

なにがだ。


わたしがクラスの男子からどう呼ばれているか知りながらそんなことを言うのかと、私を慰める親友のことを恨めしく思ってしまう


私が、彼らになんと呼ばれているのか


熟年刑事だ

 

声が、平泉せいに似ているからだ

 

【後攻・なべとびすこ】

しかし、私は平泉せいの声を知らない。
家にテレビがないからだ。

クラスの男子は私にYoutubeの平泉せいの動画を見せようとしてきたが、私は走って逃げた。

だから私は平泉せいの声を知らない。
なのに、似ているらしい。


いっそこんな声を捨ててしまえたらと思う。


でも、それはできない

 

【先攻・マナカ】
ただいま


家に帰ると、台所からとんとんと包丁でねぎを刻む音が聞こえる

 

おかえり


母さんが私を出迎えてくれた


あんたが帰ってくるとね、いつもドキッとするのよ

平泉さん、きたのかなって思って

 

母は、テレビが壊れる前から、平泉せいの大ファンなのだ。

 

【後攻・なべとびすこ】

だから、母さんを喜ばせるために、喉を潰したりはしない。
だから学校で、熟年刑事と呼ばれるのも仕方ない。

でも…

母と過ごす時間は家に帰ってから寝るまでの間。

でも、学校は朝から夕方までだ。

ならば…
今日、私は平泉を捨てる。

 

 

先攻4票・後攻1票
先攻・マナカの勝利。

 

☆決勝戦 1分半交代☆
先攻・井上大輔 VS 後攻・マナカ
お題『キャタピラ』
ジャンル『ミステリー』
どんな話『こわい』

 

(決勝戦は非公開とさせて頂きます)

 

先攻1票・後攻4票
後攻・マナカの勝利。

 

優勝 マナカ