『即興小説バトル』公式ブログ

リレー形式で綴られる、2分30秒のライティングノベルイベント『即興小説バトル』の公式ブログです。みんなでやりましょう

即興小説バトルの概要とルール

『即興小説バトル』
『お客様から頂いたお題・ジャンル・どんな話か』を元に2分30秒のリレー形式で4ターン制の「即興小説バトル」を行います。

f:id:daidiary:20170613073133j:plain

 
 
初めに、お客様から募集しておいた「お題(絶対に入れないといけない言葉)」と、予めこちらで準備しておく「どういう話か」「ジャンルか」をクジで選び、出場者は、それを元に即興小説を書く。
『ジャンル』
・学園
・SF
・ファンタジー
・恋愛
・ホラー
・童話
・ミステリー
・官能
『どんな話か』
・この世界が愛おしくなる
・気色悪い感覚が残る
・夜眠れなくなる
・胸が締め付けられる
・思わず笑顔がこぼれる
・本当にくだらない
・何年先も思い出しては切なくなる
例)ちくわを使った『子どもが夜眠れなくなる』『学園』小説・はんぺんを使った『気色悪い感覚が残る』『童話』小説など

f:id:daidiary:20170613073127j:plain

 
②じゃんけん先行後攻を決めて出場者の二名はリレー形式で小説を完成させる。これらは、(一部を除いて)共通のパソコンで書かれる。

f:id:daidiary:20170613073333j:plain

即興小説バトルはターン制
物語の定石とされる『起承転結』という言葉から
・起のターン
・承のターン
・転のターン
・結のターン
という計4ターンで執り行われる。
順番は起のターン(先攻)→承のターン(後攻)→転のターン(先攻)→結のターン(後攻)の交互。

f:id:daidiary:20170613074003j:plain

各ターンには『執筆』『発表』の時間が設けられている。
『執筆』の制限時間は各2分30秒ずつ。
『発表』は執筆が終了次第、各自出場者で行う。執筆した小説の披露方法は自由。パソコンの画面はスクリーンで映し出されているので、それをひたすらスクロールして見せるもよし、小説を見せながら朗読するもよし。小説の内容さえわかれば、この時間は基本自由とする。

f:id:daidiary:20170613074044j:plain

 
最後に、投票で多い方が勝ちとなる。

f:id:daidiary:20170613074236j:plain

 
みんなもお家でやってみよう!